Hardanger violin

ハルダンゲル ヴァイオリン®とは:
北欧ノルウェーの国民的楽器で、フィヨルドで有名なハルダンゲル地方で生まれた民族楽器「ハルダンゲル ヴァイオリン」。 現地では「ハーディングフェーレ」と呼ばれているこの楽器は、真珠母貝や象嵌細工の花模様の装飾が施され、トップにはヴァイキングの時代の神の象徴「ドラゴン」、通常4本弦の下に、4本〜5本の共鳴弦(アンダーストリング)がある事が特徴です。

この共鳴弦を持つ事で、ヴァイオリンとは異なる哀愁帯びた懐かしい音色を持ち、また共鳴弦をも調弦するスタイルは、ノルウェー独特のものです。 現地では神聖な楽器として、主に冠婚葬祭時に使用され、また日本でも人気の高いノルウェーの作曲家「グリーグ」も、この澄んだ音色に影響をうけ、多くの名曲を残しています。 現在もノルウェーでは、3〜4名しかいないプロの職人が手造りで1年に2丁ほどしか制作出来ず、町の楽器店でも手に入らない幻の楽器です。

image

ハルダンゲル ヴァイオリン/ハルダンゲル バイオリンは、山瀬理桜の登録商標です。

ノルウェーを代表する奏者からの推薦メッセージ

Christian Borlaug

ノルウェーのハルダンゲルヴァイオリン界の巨匠
「クヌート・ハムレ」氏からのメッセージ

山瀬理桜は高い技術と豊かな経験を持つハルダンゲルヴァイオリン奏者である。

長年、彼女はノルウェーのハルダンゲルヴァイオリン一流奏者からハルダンゲルヴァイオリンと、ノルウェーの民族音楽についての知識を得てきた。
理桜が行ってきた努力は、日本におけるノルウェー文化と音楽界にとって、とても重要なできごととなった。

ハルダンゲル自治体との連絡を通じて、彼女の活動に協力できたことは、とても光栄である。

クヌート・ハムレ [公式WEB]

Christian Borlaug

ノルウェーのハルダンゲルヴァイオリン界トップ奏者
「クリスティアン・ボールラウグ」氏
からのメッセージ

山瀬理桜はハルダンゲルヴァイオリンの楽曲を正確に学ぼうとする意識が非常に高く、常に注意深く学んでいる。
彼女はメロディー、リズム、音色、そして一つひとつの装飾音までをも正しく演奏することを大切にしている。

彼女はまたノルウェーの民族音楽の伝統や歴史、そして、オーレ・ブル、ヨハン・ハルボルセン、エドヴァルド・グリーグなどのノルウェーの演奏家についてにとても興味をもって熱心に勉強をしており、同時にとても詳しいです。

彼女は何年もノルウェーの最も優れた演奏家からハルダンゲルヴァイオリンを学んできた。
私が彼女に教えた楽曲を彼女は素晴らしく演奏しており、それは、クヌート・ダーレ、オーラ・モサフィン、ラーシュ・フィーケルードなどの演奏家などに続き、ノルウェーのハルダンゲルヴァイオリンの伝統の一部になっている。

私は彼女を演奏家として、また、指導者として、あたたかく推薦します。

クリスティアン・ボールラウグ
[公式WEB]

 

 

Profile

山瀬理桜(やませ りお)

ヴァイオリニスト&ハルダンゲルヴァイオリニスト/作曲&編曲

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン科卒業。
ヴァイオリンを故江藤俊哉氏、江藤アンジェラ氏、の各氏に、ハルダンゲルヴァイオリンを故ハールバル・クヴォーレ氏、クヌート・ハムレ氏、クリスティアン・ボールラウグ氏に師事。

1992年より関西ニューフィルハーモニー管弦楽団やスロヴァークフィル室内オーケストラ等のオーケストラと共演、1998年からノルウェーの「ムンク美術館内ホール」を始め、日本と北欧を中心にコンサートツアーを開始。

2003年以降はハルダンゲルヴァイオリンの活動も多く取り入れ、 NHK総合「スタジオパークでこんにちは」や「いっとろっけん」、朝日新聞「天声人語」や日経新聞文化面、産経ビジネスアイ一面にも「日本で唯一のプロハルダンゲルヴァイオリン奏者」として紹介される等、各マスメディアに出演。

サントリーホール等日本各地で「北欧音楽」を紹介するコンサートを行うなか、客船「飛鳥」や「ぱしぃふぃっくびいなす」、世界一美しい航路として有名なノルウェー沿岸船「フッティルーテン」での北欧クルーズ特別コンサート、 ノルウェー王国大使館、デンマーク王国大使館、スウェーデン王国大使館、スカンジナビア政府観光局、スカンジナビア航空(SAS)主催のレクチャーやイベント等にハルダンゲルヴァイオリン奏者と講師として度々招かれる。

またノルウェーの新聞「アフトゥンポッスン」や国営放送NRK(テレビ&ラジオ)には、日本人ヴァイオリニスト&ハルダンゲルヴァイオリニストとして、常にエンターテイメント情報のトップで取り上げられている。

クラシックを基盤に北欧の民族音楽やポップス音楽など、自らアレンジし取り入れ作曲も行う演奏活動が注目を集め、ビクターエンタテインメント株式会社より「ゴールデン・オーロラ」「クリスタル ローズ ガーデン」をリリース。

また「イタリア大使館」と「株式会社ヤマハトレーディング」主催で行われた「クレモナヴァイオリン・発表パーティー」にて、クレモナ市の至宝ストラディヴァリウス「イル・クレモネーゼ」(推定5億円)を演奏、その様子は日本のメディア他、イタリアの各新聞にも紹介された。

2006年、1月3日から三鷹の森「ジブリ美術館」で公開の、宮崎駿監督の短編アニメーション「水グモもんもん」の音楽監督(作曲&演奏)を担当。 同時に「水グモもんもん」オリジナルサウンドトラックもリリース。 また同年公開のスタジオジブリ長編「ゲド戦記」にも、ハルダンゲルヴァイオリンで演奏参加している。

2007年はハルダンゲルヴァイオリンで日本初演となる音楽劇「ペールギュント」(全幕)を、国内オーケストラ(東京ニューシティー管弦楽団、芸大フィルハーモニア、諏訪交響楽団)と共演し好評を得る。 10月には「ムンク美術館内コンサート」メンバーをノルウェーより召還し、「北欧からのおくりもの」日本ツアー(東京/兵庫/新潟)を成功させる。

2008年には、朝日カルチャーセンターやNHKカルチャーセンターでのレクチャーに続き、東京新聞主催のフォーラム「山瀬理桜さんとノルウェー ~ハルダンゲルヴァイオリンが奏でる北欧~」にて、音楽から発展した文化交流についての講演とコンサートを行う。

2009年8月ノルウェーハルダンゲル地区で「日本ハルダンゲル文化交流フェスティバル2009」を開催し、オープニングスピーチにはハルダンゲル知事が駆け付け、現地ハルダンゲル地区やベルゲンの新聞でも大きく取り上げられる。 同年12月に北欧文化を日本に紹介し両国の文化交流を図る「(社)日本ハルダンゲルクラブ」が設立され、理事長に就任。

2010年は、3月に来日した「ベルゲン・ユース・フィルハーモニーオーケストラ」と共演。 5月にはハルダンゲル地区ウルビックで行われた「ハルダンゲルフォークフェスティバル」にて、2組の外国人演奏家枠にて日本代表として召還されコンサートを開催する。

また、ハルダンゲル自治体やスカンジナビア航空の協力により「山瀬理桜 北欧ノルウェー・ハルダンゲルヴァイオリンスカラシップ」の認可が下り、2012年度より隔年山瀬理桜門下生から2名がハルダンゲル地区へ短期留学出来るようになり、スカラシップ制度は現地でも大きな話題となった。

2011年はコンサートの傍ら、佐賀大学経済学部で「音楽というツールからスタートした文化交流」をテーマに講義が行われ、好評を博す。

2012年6月には、ノルウェーハルダンゲル地区で第2回目となる「日本ハルダンゲル文化交流フェスティバル2012」を開催。 また同年より、全国の中学校(1年生~3年生)で使用される音楽教科書準拠のワークブック「音楽の鑑賞資料と基礎学習」の巻頭カラー「世界の民族楽器」に、ハルダンゲルヴァイオリン奏者として楽器と共に紹介される。

2013年2月公開の映画、「青木が原」(石原慎太郎 元東京都知事 原作・脚本・製作総指揮)のメインテーマ曲に、ハルダンゲルヴァイオリンにて演奏参加。
4月には、2回目になる「山瀬理桜ハルダンゲルヴァイオリン・スカラシップ」も行われ、2名の山瀬の生徒が短期留学し話題になる。
10月には、ノルウェー王国大使館にて凱旋「ガラコンサート」が行われ、それに合わせて、ハルダンゲル自治区の市長7名全員が来日し、記念イベントが開催される。
同月、ハルダンゲルヴァイオリン界の巨匠「クヌート・ハムレ」が来日し、東京、大阪などでジョイントコンサートを開催。

メジャーデビュー10年目の記念年になる2014年は、世界一周クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」の北欧クルーズ(スウェーデン、ノルウェー、アイスランド)にゲストアーティストとして乗船しコンサートや講演会を行った。
また出生地でもある、マレーシアでのコンサート活動も開始。

2015年3月にはメジャーデビュー10周年記念リサイタルを「在ノルウェー王国大使館」ホールで開催。
また11年目の初日になる4月22日には、メジャーデビュー10周年記念CD「フィヨルドの愛の唄」がビクターエンタテインメントから発売される。主な活動内容はこちら

世界的な「アニメ映画」の巨匠、宮崎駿監督からも、うれしいメッセージをいただきました。

ハルダンゲルの音は、まるで水の中できこえてくるように感じます。
山瀬さんの演奏(CDですが)何度もきく内に、以前から興味があった水の中に棲む水グモの小作品の音楽にピッタリだと思うようになりました。
しあわせな事に、映画をつくり始める時に音楽がきまっているという、まれな例として「水グモもんもん」が出来ました。世界に一属一種、イギリスからユーラシア大陸、東の果ては日本にまで、ほそぼそと生きて来た水グモのせつなくも悲しく、いとしい存在に、山瀬さんのハルダンゲルの音はぴったりでした。山瀬さん、ありがとう。
アルバムカバーこの度はおめでとうございます。

 

2009年11月 宮崎 駿

 

2009年12月に発足した北欧文化を日本に紹介する組織「日本ハルダンゲルクラブ」の会長就任へ頂戴したお言葉です。

アジアで唯一人認められた、北欧のハルダンゲルヴァイオリニスト 山瀬理桜。
日本のみならず、現地ノルウェーでも「山瀬理桜が演奏を始めると、教会がスイングする」という新聞見出しまで書かれるほど、山瀬理桜の奏でるハルダンゲルヴァイオリンは、楽しく軽快に、そして時には哀愁ある音色で各国の人々を魅了します。

recording